技術探し

JavaScriptを中心に記事を書いていきます :;(∩´﹏`∩);:

Node学園祭2017資料まとめ

nodefest.jp

2017/11/25, 26で開催されました。

今回は、前回よりも更にto be more more globalをテーマに作っていきました。

一日目はセッション、スポンサートーク、LT等でした。
二日目はセッションと参加者が手を動かすワークショップを行いました。
両日ともに、3ラインで進みました。

自分は一日目はBホール(402)の司会をしていて、二日目はCode And LearnでNodeへのコミットのサポートをしていました。

全部見れてないので、わかっている部分の資料だけ貼りたいと思います。
もし資料があったら教えてくれるとついったーとかでください。

Twitter

ハッシュタグ

twitter.com

モーメント

東京Node学園祭 2017

資料まとめ

スケジュールはこちらを参照してください。
時間順で並べてあります。

1日目

Opening talk

見つからない。

Node.js at Alibaba

talks/nodejs_at_alibaba_tokyo.pdf at master · joyeecheung/talks · GitHub

Source to Binary - journey of V8 javascript engine

Source to Binary - journey of V8 javascript engine // Speaker Deck

Alt-Ctrl: Scream Into this Arduino!

Node Interactive から

Alt-Ctrl : Scream into this Arduino - Rachel White, Front End Engineer - YouTube

Open Source Governance Models: From BDFL to Consensus Seeking

Node Interactive から

Open Source governance models · Myles Borins - YouTube

Make you a React: How to build your own JavaScript framework

MakeYouAReact - Google スライド

Node.js Production Checklist

Node.js production checklist // Speaker Deck

The JavaScript Engine in Node.js: TurboFan and Ignition

The JavaScript Engine in Node.js: TurboFan and Ignition

Node.js x Chrome headless で、お手軽WebRTC MCU

Node.js x Headless Chrome for WeRTC MCU / Node.js x Chrome headless で…

WebAssembly and the Future of the Web

Node Interactive から

WebAssembly and the Future of the Web [I] - YouTube

標準化ってなに? Webプラットフォーム/ESNextを作る方法

Web Platform ... What is it ? (Webプラットフォームのつくり方) // Speaker Deck

ReactNativeアプリでE2Eテストを回してみた

React NativeアプリでE2Eテストを回してみた // Speaker Deck

No REST for the weary... Introducing GraphQL

No REST for the weary... Introducing GraphQL (NodeFest Japan) // Speaker Deck

Turbo Boost Next Node.js

Turbo Boost Next Node.js // Speaker Deck

今さら聞けないSPAのCORS対策の話

今さら聞けないSPAのCORS対策の話 // Speaker Deck

A Toy Robot and a Functional Pattern

http://robhoward.id.au/talks/2017/11/a-toy-robot-and-a-functional-pattern.pdf

Native ES Module - something almost, but not quite entirely unlike CommonJS

Native ES Modules - something almost, but not quite entirely unlike CommonJS - NodeFestJP - Google スライド

サーバサイドエンジニアがJavaScriptを書いてTradingViewを導入した話

How_To_ Introduce_TradingView // Speaker Deck

Quantum Computing in Node

Quantum Computers and Where to Hide from Them (Japanese)

Sponsor's talk

Sponsors | 東京Node学園祭2017 | 11月25日,26日開催予定!

株式会社ドワンゴ

N予備校プログラミングコースでのNode.js // Speaker Deck

リクルートテクノロジーズ

見つからない。

株式会社メルカリ

Node 学園祭 2017 スポンサートーク資料 // Speaker Deck

株式会社ヤフー

Node学園祭2017.pdf // Speaker Deck

日産自動車株式会社

一緒に未来を作るサービス開発エンジニア募集! - 日産自動車株式会社のWeb エンジニア中途の求人 - Wantedly

Auth0® Inc.

見つからない。

Lightning Talks

Angular Universal

SSR with Angular by Suguru Inatomi

2017版、React、Lambda、S3で始めるモダンなユーザーデータ可視化ツール

見つからない。

How TypeScript can simplify design decision

How TypeScript can simplify design decision // Speaker Deck

Introduction to Visual Regression Testing

Introduction to Visual Regression Testing // Speaker Deck

Whose Community?

Whose Community? - about NodeGirlsJP // Speaker Deck

2日目

Opening talk

見つからない。

Node Discussion

Nodeのメンバーに色々と聞くコーナー。
Nodeのいいところ・悪いところ・要望などを伝えて答える。

Node School

Nodeの勉強をするコーナー。
メンターが付いており、もし躓いたらすぐに聞ける。

Angular2+ Authentication Tutorial with Auth0

Reactに変わった気がするが、タイトルがどこにあるかわからなかったので一旦。
Auth0で働く方に使い方を教えてもらうコーナー。

Sharing is Caring… At Scale!

Node Conf EUから

Sharing is Caring… At Scale! - Sarah Saltrick Meyer - YouTube

LINE Bot Handson

1時間でLINE BOTを作るハンズオン (資料+レポート) in Node学園祭2017 #nodefest - Qiita

data sketches: A Visualization a Month

見つからない。

Real-world applications of hash functions

見つからない。

JSON Schema Centralized Design

JSON Schema Centralized Design // Speaker Deck

Code And Learn

コミッターがサポートしてNodeへコミットします。

Code And Learn at NodeFest 2017 · Issue #72 · nodejs/code-and-learn · GitHub

Data Visualization Workshop

data sketches: A Visualization a Monthのワークショップ。

Data visualization workshop by Shirley Wu

Lightning Talks

Self Driving Kit using Android and Node.JS

見つからない。

Node.js × AWS Lambda アプリケーション開発Tips

【東京Node学園祭2017】Node.js × AWS Lambda アプリケーション開発Tips

レスポンシブから逆戻り!?Webサービスのマルチデバイス対応方法

レスポンシブから逆戻り!?Webサービスのマルチデバイス対応方法 (東京Node学園祭 2017)

参加者のブログ

ありがとうございます:)
もし他にも書いている方がいたら教えてください!

yurufuwa-tech.hatenablog.com

blog.kadoppe.com

さいごに

運営の仲間のみんな、スポンサーの企業様、参加者のみなさん、本当にありがとうございました。

また来年お会いしましょう!!